収益物件に住まうという選択

Pocket

資産運用として、不動産投資を検討しており、収益物件を購入しようとする際、その選択基準を何に持ってくるかという事は非常に大切だろう。一つの基準として「この収益物件に自分が住みたいかどうか。」というものが挙げられるが、これは非常にバーを高くしてしまっているような気がする。つまり、「自分が住むならば」という目線は、自分本位であり、他人のことを考えていない。しかも、収益物件で運用しようとするくらいだから、多少いい生活を望んでいるかもしれない。

そういう考え方も、自分でお客さんつまり賃借人となってくれる人を見つけて運用していくというのであれば、構わないと思う。しかしながら、副業として不動産賃貸をを始め、不動産管理会社にすべて任せるような場合であれば、不動産管理会社が客付けしやすいような物件を検討するべきであると思う。他人に任せる分、そこは妥協するのが賢明である。これはつまり収益物件として保有するものに何を求めるのかということである。

収益物件にコレクション的な魅力をもとめるのであれば、自分基準のマンションなり、収益物件なりを購入していけばよいだろが、それが、あくまで資産運用としてのツールでしかないような場合は、コレクション的な視点はいらないのである。つまり、いかに効率よく、賃貸経営を行う事が出来き、キャッシュを蓄積できるかという視点が必要になる。自分がどのような目的で収益物件を購入しようとしているのか、買う前にじっくり考えてみると良いと思う。